2014年06月18日

犬のしつけ方法 おいで

オイデを教える方法はご褒美です。

オイデと言われて飼い主のそばへ行ったら
リードをつけられたとか、叱られたとか
そんなことがあったら犬はオイデを覚えません。

「オイデ」と言った時に犬がちゃんとそばに
来たら褒めてあげましょう。

指示は1回だけにしてください。
何度も「オイデ」を繰り返してしまうと
繰り返した時だけ行けばよいと
犬が勘違いしてしまいます。

段階的に根気よくトレーニングしましょう。

1、おやつを使って誘導する。
  犬の鼻先におやつをつけて「オイデ」と
  言いながら後ろに下がって誘導してください。
  立ち止り、飼い主さんの膝の辺りまで
  犬が来てからおやつをあげましょう。
  首輪をつかみながらおやつをあげると良いでしょう。
  つかまれることは悪いことじゃないという
  ことを覚えさせないと後で苦労します。
2.環境を変える。
  どこでもオイデができるように
  色々と場所を変えてトレーニングしてみてください。
  他の犬が近くにいるような気が散る
  環境でも出来るようにしましょう。





スポンサードリンク
タグ:犬のしつけ方法 おいで 犬のしつけ おいで
posted by シフォレア at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

スポンサードリンク
犬のしつけ」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。